2024-01-01から1年間の記事一覧

ファットフィンガーにご注意を

2年前ですが、このような出来事がありました。 www.bloomberg.co.jp 全ファットフィンガーとは、指の太い欧米人がキーボードを押し間違えてしまうことから名が付きましたが、金融取引等の電子注文でのご発注がで損害を被ってしまうことを指します。 上記の外…

米国株ピーク付近のサインか?

以前から、他国株に比べ割高では、との声もある米国株ですが、ピークが近いのではという兆候と言えなくもない現象がみられているようです。 ①ミーム株の急騰 www.bloomberg.co.jp bloombergHPより、直近1年のゲームストップ株価 数日前に米ビデオゲーム小売…

日本にインフレマインドは根付くのか? 私の場合・・・

日本がデフレを脱却について論じる際に耳にするのが、デフレマインドという言葉。 デフレが続く国では、消費の抑制と先送りするインセンティブが働きます。 なぜなら、今より後で買う方が安くすみますし(物価が下がるので)、消費行動の低迷が企業収益を減…

先送りや先延ばしの弊害とその克服方法 (節約、貯蓄、仕事、健康、金融・自己投資などなど)

やらないといけないと分かっていても、なかなか手を付けられない、後回しにしてしまう人は意外と多いようです。 問題や課題を先送りすることは、絶対にとまではいいませんが、多くのケースにおいてデメリットをかかえています。 先送りのデメリット ①先送り…

為替変動の資産への影響の把握と通貨分散の検討

今月初め時点での、私の個人総資産は(円換算)2750万円でした。 mousouya.com 内、外貨建て資産は約93%で(92.9%)2557.5万円相当。 さらに分類すると、香港ドル建て資産は5.4%の138万円相当、残り94.6%が米ドル建て資産で2419.5万円相当となっています…

値段と価値 なぜ私たちは価値のないものに、高い値段をつけるのか 読書記録⑨

Amazaon HPより 図書館よりタイトルだけを見て手に取った本です。タイトルから、純粋に経済的な内容の本かなと思っていましたが・・・・。 筆者は、エコノミストでありながらジャーナリストでもあり、「持続可能なフードシステムに関する専門家国際パネル」…

アメリカがTikTokに圧力をかけるのは何故か? 国家の弱点を知れば見えてくるその答え

アメリカは中国系短編動画アプリであるTikTokの米事業を売却するか、アメリカでの運営を禁止する法案を可決しました。TikTokの親会社は憲法に違反しているとして、米政府を提訴しているので最終的にどうなるかは分かりませんが。 www.jiji.com TikTokに親し…

日本政府「為替取引の手本をみせてやろう」 為替介入から二つの投資基本原則を思い出す。

4/29及び5/2急激なドル円の動きは為替介入が噂されていましたが、政府関係者が為替介入を認めたようです。 news.yahoo.co.jp そんな中で目に付いたのが、こちらの記事。 www.bloomberg.co.jp 日本の通貨当局は利益を出す為に、円買い介入を行ったわけではあ…

金融やお金は信用で成り立っている(ことを忘れてはいけない)

金融とは、一言でいうならお金の貸し借りです。(出資等も含む) 金融の世界で、貸し手はいつ何時でも、ニコニコして気長に返済を待ってくれるとは限りません。 晴れた日に傘を貸し、雨の日に傘を取り上げるという例え話(晴れは好景気、雨は不景気、傘はお…

VRSN(ベリサイン) .com .netのレジストリ 気になっている下落株と直近の決算内容

新たな投資に回す余剰資金をがあるわけではありませんが、保有候補の観察は常に行っています。 YAHOOファイナンスHPより 最近気になっている銘柄のひとつがVRSN(ベリサイン)です。株価はここ1年下落傾向が続いています。 YAHOOファイナンスHPより ここ5年…

貧乏人の経済学 読書記録⑦

Amazaon HPより 途上国の貧困問題の根本を理解し、解説策を模索する為の様々な視点がかかれている本で、筆者の実験や観察などを元に書かれています。 こう書くと、多くの人が敬遠してしまいそうですが、教養として、世界を知る手段として(先進国ばかりが世…

長期投資の戦略を微修正。(金融所得から社会保険料徴収強化の検討を受け)

きっかけは、以前ブログでも紹介した、分離課税された金融所得から社会保険(医療介護保険料)を分捕れないか徴収できないか検討を始めたという記事。 mousouya.com 検討段階なので、範囲も、(国民健康保険だけか、サラリーマン加入の社会保険も含むのか)…

長期投資家が、短期売買をした結果(売らずに持っていた場合リターンは?)⑥

以前、短期売買の累積利益と、VOO(S&P500に連動するETF)に投資した場合の利益比較を行いました。 mousouya.com 売買の順はUNP(ユニオンパシフィック)→ NEE(ネクステラエナジー)→ SPGI(S&Pグローバル) → テンセント(現在保有中)の順です。 以前3月…

AAPL増配と自社株買い発表 (保有株の増配④)

私の保有株でもあるAppleが、5月2日に第2四半期の決算の報告を行い、4%増配と最大1100億$の自社株買いを発表しました。 www.apple.com(AppleHPより) mousouya.com 四半期ごとの配当は一株0.24$から0.25$へ、年間支払い配当は0.96$から1$になりま…

為替介入!? 外貨資産保有は、為替変動の不安を取り除いてくれると実感

4/29と5/2の早朝にドル円が急変(数円程度の円高へ)し、日本の為替介入の可能性が噂されています。 www.bloomberg.co.jp(ブルームバーグ様記事) 私は外貨建て資産を2000万円程(詳細は下記ブログを参照)保有しており、円安は資産増加要因なので、円安は…

有名人を語った投資詐欺が多発 騙されない為の原則(パラノイア視点)

最近、有名人を語った投資詐欺が流行っています。 金銭を騙し取る詐欺は最近始まったことではなく、定期的に手法を変えながら発生しています。 勿論、騙す側が悪いのは言うまでもありませんが、法や警察があなたの財産を取り返してくれるわけではありません…

資産総額と受け取り配当金の報告(2024年4月末)

2024年4月が終了したので現時点の個人資産、受け取り配当、小額投資経過報告などを整理しました。 先月の内容はこちら。 mousouya.com 個人資産総額 総資産は円換算で2750万2240円(ドル円157.68、香港ドル20.15円で計算)、ドル換算では17万4418$でした。 …

香港株が5日続伸 割安市場への投資

以前、売られ過ぎとも思われる香港株(中国株)が割安なのでは?と思い、テンセント株式を購入していました。(長期投資枠でなく、短期枠として) 株価はしばらく上げたり下げたりを繰り返していましたが、先週5日続伸していました。 www.bloomberg.co.jp B…

????「国のやることには裏があるかもって、私いいましたよね?」ある記事を読んで、脳内再生余裕でした

タイトルはある人のNISAについての発言が元ネタです。 私がある記事を読んだとき、本人の声で脳内再生されたセリフになります(妄想) ある記事とは、既に投資家界隈を悪い意味で賑わせているこの記事の事です。 mainichi.jp(毎日新聞様の記事より) 端的に説…

通貨安マインドが根付く懸念

26日に日銀は金融政策決定会合で現状維持を決め、同日ドル円は157円を突破しました。(その後158円台に入ったようです。) www.yomiuri.co.jp 植田総裁からは円安を強くけん制する発言はなかったと市場は受け止めたようです。私にも事実上の円安容認(諦め?…

数字で見るMETA(メタプラットフォームズ 旧フェイスブック) FacebookとInstagramの会社?

2024年4/26に決算発表後株価が急落しているMETAですが、どのような企業かを過去の決算書の数値から見ていきます。今回の決算内容は取り扱いません。 METAの会計年度に合わせ、2023年12月末までの5年分の数値で見ていきます。 META(メタ・プラットフォーム…

数字で見るAMZN(アマゾン) マグニフィントセブンの一角 GAFAで唯一の未配当企業

AMZN(アマゾン)とは 主軸はインターネットを経由した小売り事業であり、その他にクラウドコンピューティング(ストレージ、データベース、機械学種など)やAmazonプライムを始めとしたデジタルコンテンツのサブスクリプションを提供しています。 Amazaon …

数字で見るNVDA(エヌビディア) マグニフィントセブンの一角、AIの普及で波に乗っているNVDAはどんな企業か?

マグニフィントセブンの一つでもあり、AIの普及とブーム?の波に乗りに乗っている企業の一つのNVDA(エヌビディア)の数字からどんな企業なのかを見ていきます。マグニフィントセブンの中でAIブームに乗れているもうひとつの企業はこちら。 mousouya.com 前…

数字で見るTSLA(テスラ) マグニフィントセブンの一角

私の保有銘柄や気になった銘柄を財務諸表等の数字的視点から見ていきます。今回は、かつてマグニフィントセブンとしてもてはやされながら、最近低調なTSLA(テスラ)です。もうひとつの冴えないマグニフィントセブンはこちら。 mousouya.com TSLA(テスラ)…

MSFT(マイクロソフト)の数字を見る

前回の内容はこちら。 mousouya.com MSFT(マイクロソフト)とは 現時点で時価総額一位の巨大テクノロジー企業です。 過去、Windowsやオフィスソフト(Word、Excel、Powerpointなど)を売りきりで販売するソフトウェア企業として有名でしたが、企業買収や、…

左視点から資本主義と経済格差を読み解く本 「高学歴貧困女子が読み解くピケティ」 私の読書記録⑥

6冊目に選んだのは「高学歴貧困女子が読み解くピケティ」です。以前の内容はこちら。 mousouya.com Amazaon HPより 表紙からも想像がつく通り、トマ・ピケティという著名経済学者が書き、世界10か国以上で累計100万部を超えるベストセラーとなった「21世…

IMF、鈴木財務大臣の梯子を外す? 円安の行方を考察

以前も紹介しましたが、下記記事にて、3/29財務大臣は足元の円安について「ファンダメンタルズに沿っていない部分もある」と述べています。 jp.reuters.com (ロイター様記事より) 推測するに、現在の円安(当時151円くらい?)は本来価値とずれがあり、い…

時価総額2位に転落した巨人 AAPL(アップル)過去5年の数字を見る

自身が保有する企業の業績を振り返っており、今回はAAPL(アップル)になります。以前はCOST(コストコ)を紹介しました。 mousouya.com AppleHPより アップル事業内容 アップルブランドで専用OSを搭載したスマートフォン、PC、タブレット、ウェアラブルを始…

私の読書記録⑤ 「MONEY-もう一度学ぶお金のしくみ」

私の読書記録第5弾です。以前の内容はこちら。 mousouya.com MONEY-もう一度学ぶお金のしくみ Amazaon HPより タイトルからも分かる通り、お金のしくみの入門書的書籍になります。 私たちが普段意識せず使っているお金の正体を解き明かすところから始まり、…

ドル円ついに154円台へ

つい4日前に円安についてのブログを上げたとき、ドル円は151円代だったのに、 mousouya.com みんかぶHPより あっさり154円代に入っています。 要因 www.bloomberg.co.jp(ブルームバーグ様記事より) 米消費者物価指数及び、米小売売上高の伸びが予想を上回っ…