経歴紹介⑦ 私が米国株を選ぶ理由 

                                    240705

私の現在の保有資産の8割以上は米国株式です。

米国株式市場に上場しているという意味では現金を除き100%

毎月最新のポートフォリオの公開もしているのそちらも是非ご覧ください。

 

mousouya.hatenabl

 

今回は、米国株式に投資する理由を、自分なりに整理していきます。

 

米国株を選んだ理由

①人口が増加している

人口増加には以下のようなメリットがあると考えます。

 

内需増加により、経済成長の追い風になる

 

②優秀な人材が増える可能性が高くなる(母数が増えれば優秀な人材の割合が変わらずとも絶対数が増える)

 

なので、人口増加国の方が、安定して高い経済成長が見込めると考えます。(人口減少下でも、輸出重視で成功した国や企業もありますが、輸出に強く依存する経済は、経済が停滞した際の打撃が大きく、安定性にかけと私は思います。)

 

米国の人口は少し古いデーターですが、2021年7月の米国の人口は3.3億人で、今後も緩やかな増加が見込まれており、この条件にに合致しています。

 

②世界一資本主義が徹底されている

人口増加だけでよいなら、インドやアフリカ、東南アジアや南米でも良さそうです。しかし、経済成長=株主利益増大とは限りません

企業利益が2倍でも、株式発行数が2倍以上に増えれば株主持ち分は増えませんし、利益が出ても、意味のない買収、役員用プライベートジェットなど無駄な経費で浪費されてしまうと、株主の利益は増えません。

 

株主の為効率的な経営を行い、生み出した利益を、株主利益につなげる為に合理的な判断を下す。このシンプルで単純なことを、米国以上に徹底できている国と企業はないと私は考えます。

 

 

実力主義でチャンスがあるビジネス環境

パートやアルバイトが、幹部やCEOまで上り詰める。これはアメリカの実力主義をよく表しています。

ここでいう実力とは、企業を儲けさせる能力です。実力主義が徹底されることで、大きく二つのメリットがあると考えます。

 

まず、有能な人材が適正なポジションに置かれることで、経営効率が上がります

 

みなさんも周りにいないでしょうか? 

明らかに、実力不足なポジションで足を引っ張っている人、有能なのに、若いから出世できない後輩や同僚など。

実力主義徹底は、このような人材の無駄遣いを確実に排除し、経営効率を上げ、高い利益を生み出す可能性が高くなります。

 

 

2つ目に、海外から優秀な人材が流入、活躍することが見込めます。

しかも、アメリカは多様な人種で構成された国家であり、移民には寛容な文化があります。

この優秀な人材多様性を組み合わせることで新たなアイデアや技術を生む原動力となります。現にGAFAMなど、国家規模の超巨大企業を生み出した例もあり後も新たな技術やビジネスが生まれる場になるであろうと考えています。

 



最後に

私も、米国ばかりではなく、ヨーロッパ市場のポルシェネスレ・ルイビトン、経済成長が見込めるインドやベトナム市場、多くのIPを抱える日本のゲーム会社などにも関心を寄せています。

しかし、今回上げた理由や、アクセスのしやすさを考慮するに、結局は米国株に行きついてしまうのです。

 

 

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村