私が株式投資を選択した理由

                                   ver240422

世の中には様々な投資先がありますが、その中から私が株式を選んだ理由を紹介していきます。

 

 

株式投資を選んだ理由

①労働者にとって身近な資本家

私は言うまでもなく会社勤めの一労働者です。たいていの労働者は資本家は誰かと問われたれたら、真っ先に自分の雇い主を挙げるのではないでしょうか。少なくとも以前の私はそうでした。

労働者の雇い主は経営者でもありますが、その経営者を支配するのは株主です。労働者の賃上げが渋い時でも、その株主に利益をしっかり還元しているのを目にしてきました。

資本主義経において、会社が生み出した利益は労働者より株主に多く還元される(もちろん資本家にはリスクもあります)、そんな場面を見てきたことも、株式投資を選んだ理由のひとつです。

 

②企業やビジネスを部分所有するという考え方

株式投資の本質は値動きする電子データを売買することではなく企業を部分所有することだと私は考えています。

私は現在、マイクロソフトの0.000001524%を所有しています。この持ち分をマイクロソフトの2023年度の売り上げに当てはめると売り上げは日本円で(ドル円149円で計算)48万円、純利益は16万4千円となります。

株式の取得に280万円ほど費やしていますが、私の能力や才能ではこのような利益率34%といった素晴らしく、かつ超安定したビジネスを280万円どころか数千万円かけても作ることは出来ないでしょう。

このように、会社を立ち上げたり、経営する才能・能力がなくとも、優良企業を部分所有し、優秀な経営者や労働者が必死に生み出した利益を得る事、それが株式投資の本質であり一番の醍醐味だと考えています。

 

流動性が高い

平日はほぼ毎日株式市場が開いてお、いつでも売買が可能です。現金が必要になれば時価ですぐに売却が可能です。(無名、時価総額が小さい過ぎる株式は除く)

また、ニュースや思惑などで日々株価が変動するので、株価急落により、優良株が安く買える場合もあります。ドケチ節約投資家としては安く買えるのはかなり嬉しいです。(本当に安かったかどうかは何年か経たないと分かりませんが・・・・)

 

 

 

 

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村