保有銘柄紹介① MSFT (マイクロソフト)

 

第1弾 マイクロソフト投資歴 (23年10/11時点の情報)

2019年4月から取得開始し、徐々に買い続け2023年7月に希望保有数になったので買い付けを停止しました。(価格が下がればかうかもしません)

平均取得単価199.78$で114株を保有しています。現保有銘柄で最古参であり、最大時価総額の銘柄でもあります。配当利回りは税引き前で約1.5%です。(平均取得単価199.78$ 年間配当3.00$)

 

購入理由

①超大型株にもかかわらず、成長を続けていること

アメリカ市場で時価総額第2位の会社ですが、いまだに売り上げ・利益共に成長を続けています。

過去を振り返ると、ウィンドウズの販売モデルへの依存からの衰退、結果的に意義の少ない買収の繰り返し、スマートフォン進出に失敗など、全てにおいて順調とはいいませんが、周囲の環境に自身の強みを生かしていく底力はあると感じています。(クラウドやAIなど)

また2023年Q4時点で現金及び現金同等物を347億$保有していることや、研究開発に271億$もかけているなど成長期待への安心感もあります。

 

②株主還元の歴史と今後への期待

株主還元は自社株買いと配当+増配から行われています。

自社株買いの規模は

2013年の希釈後株数8470000000株が

2023年の希釈後株数7472000000株まで減っており

10年で発行済み株数が88%に減っています。

発行株式が減ればその分株主の持ち分が増えます。2013年より10年間ただ保有していただけの株主の取り分は1.13倍に増えています。

 

自社株買いは他にも、配当金支払い総額が減少するので、将来の増配継続性という意味でも自社株買いを大きく評価しています。

 

 

③非常に身近なサービスであること

みなさんはマイクロソフトの商品を利用していますか? 私は毎日使用しています。PCのOSはwindows、他にもエクセル、パワーポイント、teamsなど仕事においてかかせません。全てのとは言いませんが大半の企業が利用しているのではないでしょうか。

 

他にも、ゲーム部門も保有しています。ゲームハードではXBOX、ソフトではマインクラフトが有名でしょうか。私もゲームが好きで、マインクラフトにも大変お世話になっています。

 

このように自分が身近で触れ、良さを理解出来る点も保有を続ける理由の一つです。

 



最後に

以上になります。

マイクロソフトはゲーム会社のアクティビジョンリザード買収やクラウド市場についても問題を抱えるなど、悪いニュースもありますが、とりあえず今は決算を楽しみにしたいと思います。

 

 

 

 

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村