株式投資で資産形成している私が、人に投資を勧めない理由

株式投資に関する情報を発信している私ですが、まだ株式投資をしていない人に対して株式投資を勧めたい訳でもありません。

 

 

私のスタンス

投資に限らずですが、何かをする・しない自分で決断し責任を取って実行するものだと考えています。なぜなら、物理法則などを除きこの世の中に絶対的な正解や不正解など存在しないからです。乗るのも、降りるも自由であり自己責任。それが人生です。投資するもしないも、あなたのお好きなようにというのが私のスタンスであります。

 

ただ、何か聞かれれば、自分の知っていることは全て包み隠さず答えるようにしています。今の私も、様々な人の知識を話・本・ネットから得たことでいるのであり、求められば提供することを惜しみません。

ネットにおいては勝手に発信をしておりますが、情報を受け取る受け取らないもどのように利用するも、受け取り手の自由だと考えています。(反面教師としてでも、物語としてでも)一つだけ要望があるとすれば、思考停止して情報を鵜呑みにして実行することだけは遠慮いただきたいということくらいでしょうか。

 

株式投資特有の勧めたくない理由

さきほど説明した通り、あなたの好きなようにが私のスタンスですが、株式投資固有の勧めたくない理由もあります。

 

①全ての人に最適とはかぎらない

そもそも投資を行うと資金が拘束されます。人によっては投資などせずに消費や浪費をしている方が楽しい人生を送れる人もいるでしょう。

私には投資が必要であり好きだから行っていますが、そのような人ばかりではないので、人に勧める気は起きません

 

②長期投資でも損失が出る可能性がある

将来のことは誰にも分かりません。だから過去のデータをもとに将来の状況を予測するしかありません。

私も長期(最低10年、出来れば15年以上)においては世界の経済は今より成長しているという予測に基づいて投資を行っています。予想が的中すれば私の投資は成功を収めるでしょう。しかし、予測外の世界規模の戦争や金融危機、地球規模も災害などが起きてしまえばその予測は崩れてしまうでしょう。100%結果が保証されているわけではないことも、勧めたくない理由のひとつです。

 

③私の投資ターンはまだ終わってない

私は現在、資産を形成している最中です。株価は安ければ安いほどたくさんの株式を保有できます。なので現在時点において、株式の潜在的な買い手(個人投資家)が少ないほうが、よいと考えています。(株式投資への参入を拒みたいわけではありませんが積極的に参入して欲しいわけでもありません)

 



最後に

今回の内容を書こうと思ったきっかけは、あるブログにて、「投資内容や資産を公表しているやつを信用するな」という内容を拝見したことがきっかけです。

このブログは私にとっての事実の垂れ流しであって、情報の受け取り手が各々判断して適切に活用してくれるだろうと考えていました。しかし、そのブログで、世の中自分の頭で考えて生きている人ばかりではないなと改めて思い出しました。そこで、私のスタンスを一度しっかり説明しなければと思い書かせていただきました。

 

 

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村