節約術その⑦ 利用できるものは利用する

                                         ver240705

節約術第七弾の今回は、利用できるものは利用する、という観点から節約例を紹介します。

前回の内容はこちらです。

 

mousouya.com

 

 

 

実家

例えば、独身かつ実家から通勤が可能であるなら、実家暮らしを検討する価値はあります。(両親との関係が良好であること限定ですが)

 

一人暮らしのコストはいくら削っても高く、お金を入れるとしても実家暮らしの方が安くつきます。

 

いい年して実家暮らしとか恥ずかしいとか、周囲や異性の目が気になるという方にはお勧めしませんが、いつか親の面倒を見る時が来ます。若く収入が少ない時は、資産形成を進めるために親を頼ることは恥ずかしいことではないと思います。

 

 

会社の福利厚生

自分の勤める会社の福利厚生はご存じですか?

給料以上に会社間の格差が大きい部分ですが、用意されてるなら使わねば損です。

以下は自分の勤め先(過去を含む)にあったものや、友人から聞いた福利厚生を挙げます。

 

財形貯蓄

給料天引きで強制的に貯金できる、社員の資産形成を助ける制度です。

これだけでも便利ですが、会社負担で上乗せの金利を設定している会社もあるようです(私が聞いた会社では、年間100万円くらい財形貯蓄していると、低金利時代でも1万円くらい利息がついたそうです。)

 

持株会

こちらも、資産形成を助ける制度で、勤務する会社の株式を毎月一定額積み立てされます。

株価が上がれば資産も増えるので、あなたの勤務先の未来が明るいと考えるなら、検討の価値はあります。

私の会社では毎月の積立額に対して10%の補助が入る制度でした。(毎月1000円つみたてるなら、会社が100円出してくれる)

 

 

住宅手当、家賃補助、寮、社宅など

私が見聞きした制度では、家を建てたら、一定の期間、補助金を出すもの(私が聞いた話では、月数千円から数万円)

住居を借りていたら、一定額補助するもの。(私が聞いた話では、最大8割補助の会社も)

会社の寮や、社宅だと、かなり安く入居出来ることもあるようです。(インターネット付きで水道高熱費は、実費ではなく10000円固定の寮や社宅がある会社も)

 

旅行

社員とその家族らの親交深めることを目的とした、旅行ツアーを企画してる会社や組合もあります。実費負担もありますが、会社や組合の補助が入るケースが多いようで、安めの値段設定が多く、民間旅行会社のツアーに参加するよりお得に楽しめます。

 

保養所

福利構成の一環で、会社が所有している保養所や、宿泊先と提携し、安く泊まれる制度を整えている会社もあります。

 

公共の施設を利用する

会社だけでなく、都道府県や市町村が持つ公共の施設を使うことで支出を抑えることもできます。

 

スポーツジム

民営のスポーツジムは月額料金制が多いと思います。休みの日しか通えないのに、高い料金を払うのなら、公営のジムの方が安く済むかもしれません。

 

比較的安価で都度払いの場合も多く、設備も最新でピカピカ・・・とはいかないかもしれませんが、案外満足できる設備が整っているかもしれません。

 

図書館

読書好きの私としては、図書館を欠かせません。

その場で本を読むことも、借りることもでき、リクエストも可能です。

インターネットであらゆる情報が検索できますが、知識の吸収は本が一番です。ぜひとも活用しましょう。

 

 

 

にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村