新NISA制度の構造から、最適解を考える

以前NIAS制度について、自分なりに整理しました。

 

mousouya.hatenablog.com

 

今回は、NISA制度の構造から、NISA投資の最適解を考えていきます。

 

 

前提条件の設定

最適解を考えるには前提条件の設定が必要です。前提条件次第では最適解も変わってくるので、注意し下さい

今回は私の状況や、考えに基づいて設定します。

 

第1 投資期間の設

私は現在3〇才、まだまだ隠居を考える局面ではないので投資期間は少なくとも15年以上を想定します。

 

第2 投資期間の経済成長の見通し

世界経済は今後数年では、横ばいあるいは一時的に衰退するかもしれません。しかし10年以上の長いスパンでは高い確率で経済成長するだろうと考えています

 

第3 今後リターンを挙げる地域、分野、銘柄

私にはどの地域、分野に投資すれば恩恵が受けられるか分かりません

 

第4 投資に使える資産額

現段階で、NISA投資枠と同額の1800万円が使用可能です。

 

第5 毎月の収入から投資に回せる金額

5~10万円の間になる見込みです。

 

最適解の組み立て

以上の私の前提条件から最適解を組み立ててみます。

①投資先

投資先は、全世界の株式です世界中にリスクを分散でき経済成長の恩恵を受けれるからです。

 

②投資商品

2つの理由から、分配金を出さない再投資型の投資信託が最適と考えます。

 

まず1つ目は、世界全体に投資するには、個別株では手間がかかりすぎる点。

2つ目はETFや個別株に比べ、再投資の際のメリットが大きい為です。詳細は以下の通りです

 

個別株・ETF再投資の場合

NISA口座の海外個別株や海外株ETF配当金は、国内では非課税ですが、海外分は課税されます。加えて、再投資する場合は、投資簿価を増やし、投資枠を消費してしまいます。

 

例えば、海外個別株・ETF簿価1000万円で配当金10万円を再投資する場合

個別株・ETF簿価1009万円となり、投資枠を9万円分圧迫してしまいます配当金は10%海外で課税され、9万円に減少。再投資の際は簿価が増える

(※海外課税分を仮に10%として計算しましたが、各国税率が異なります)

 

分配金を出さない、再投資型の投資信託の場合

再投資型の投資信託は、分配金を出さずインデックスファンド内で再投資されます。

なので、あなたに対する海外課税分もありませんし、再投資によりNISA投資枠を圧迫することもありません。

 

 

③投資金額

私の世界経済見通しは、10年以上期間で、現在より成長していると想定します。なので、出来るだけ早く投資枠を使い切り、より長い期間非課税の恩恵を受けるべきと考えます

具体的に、つみたて投資枠120万円を毎月10万円ずつ、投資信託の購入を成長投資枠240万円は毎月20万円ずつ投資信託をスポット購入にて毎年消化することです。

 

最後に

以上が私の前提条件で考えるNISA投資の最適解です。

 

 

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村