私が仮想通貨投資を選択しなかった理由

                                            ver240422

株式投資を行っている私が、なぜ他の投資対象を選ばなかったかの第2弾になります。前回はこちらでFXについて書きました。

 

mousouya.hatenablog.com

今回は仮想通貨を選ばなかった理由についてです。前回に引き続き仮想通貨に関しましても、仮想通貨自体、仮想通貨の投資家を否定する意図はございません。むしろ、初期の頃に仮想通貨に投資した人は大きな成功を収めており、未知数なものに果敢に投資できる柔軟な考え方と行動力素直に素晴らしいものと思っています。

 

仮想通貨とは

別名暗号資産とも呼ばれ、暗号化された電子データで物理的通貨ではありませんが決済・送金などが行えます。

仮想通貨は多くの種類があり、データの管理や処理を発行体が行う中央集権型と、発行体が行わない分散型、ほとんどが裏付け資産がないタイプですが、中には特定の通貨価値と連動するものもあります。

今後の使用量の拡大期待からの値上がり期待や、大半が裏付け資産がないためか値動きが激しいため、投資対象にもなっています。

 

 

私が仮想通貨投資を選ばなかった理由

資産の裏付けがない

大半の仮想通貨には裏付けの資産がありません。もちろん、あるものもあります。例えば米$に連動する仮想通貨がありますが、それなら米$現物でいいのでは、と私は思ってしまいます。(現物通貨なら金利も付きますし)

裏付け資産が無いと価格の妥当性を評価するには、将来への期待の数値化、規制や排除される可能性の評価、利便性や他仮想通貨との競争などを考慮しなくてはならず私には難しいと投資だと判断しました。

 

ビットコイン半減期=価格上昇の理論に対しての疑念

個別の仮想通貨の話になりますが、ビットコインは発行体ではなく、世界中にいるマイナー(マイニングする人の意味)によって取引や、決済などの処理が行われています。

このマイニングが行われた際、新たにビットコインを発行し、マイナーに報酬として支払います。このマイナーと報酬が支払われる仕組みによりビットコインは流通することができています。

ビットコインは発行可能上限枚数が2100万枚で、マイニング報酬も発行済み枚数が一定量増えるにしたがって、半分に減っていく仕組みになっています。マイニング報酬が減る時期のことを半減期といいます。

 

このことから強気派から、発行上限は決まっているし、半減期ごと発行量、つまり供給量が減るから価格が長期的に上がり続けるよ。というロジックをよく耳にします。確かに過去を見ると半減期ごとに上昇しています

 

しかし私は逆に、価格が上昇し続けないと、マイナーが減り処理が滞ることで利便性の低下や、流通が破綻してしまう危うい仕組みなのではと考えてしましました。つまり、長期的な上昇が滞った途端に一気に負のスパイラルに陥るのではと疑念が生まれ、それが晴れることはありませんでした。

 

最後に

ネガティブな点も書いてきましたが、あくまで私の投資スタンスには合わなかったという話で仮想通貨の根本的な思想やそれ支えるブロックチェーン技術素晴らしいものだと感じています。

私個人の投資対象としては否定しましたが、資産を分散させる意味や、日本円に対するリスクヘッジ、コストの安い送金手段としては、一定程度評価しています

 

 

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 米国株投資と節約で経済的独立を目指す記録 - にほんブログ村