保有銘柄紹介④ MCD (マクドナルド)

私の頭の中の整理を兼ねた、銘柄紹介の第4弾です。第1~3弾はこちらです。

 

mousouya.hatenablog.com

 

mousouya.hatenablog.com

 

mousouya.hatenablog.com

マクドナルドについて(2023年10/14時点)

世界100か国・36000店舗以上を展開する、ハンバーガーを主力とするファーストフードチェーン企業です。日本にも約2900店舗あり、みなさんにとっても身近で馴染み深い企業だと思います。

 

私の投資歴

2019年10月から最近にかけ購入、現在は平均取得株価248.31$で51株保有しています。

現在、希望数量まで買い付けが終了していますが、安くなるようなら買い増してもよいと考えています。

 

私の購入理由

マクドナルドの経営力

2012年2022年の売上高を見ると、27567百万$から23183百万$と減少傾向にあり、右肩成長を続ける企業ではありません。しかし、利益率の高いフランチャイズの割合を約32%から60%へと増やすなど、収益性を高める経営が行われています。(2022年の営業利益率は約40%

また、最近では新型コロナウイルスや物価高の影響を、新しい技術やブランド力で上手く乗り切っており、今後も新たな環境に適応していける企業だと考えています。

 

 

②株主還元

マクドナルドの株主還元はかなり気合が入っています。

まず配当の方ですが48年間連続で増配してきた歴史があります。しかも直近では10%の増配を行っています。

 

mousouya.hatenablog.com

自社株買いの方ですが、10年前の発行株数を比較すると

2012年1006000000株から

2022年  741300000株となっています。

発行株数は10年で73.7%に減少、株主持ち分は1.35倍に増加しました。

しかし、この凄まじい自社株買いを行った結果、米マクドナルドは2016年以降債務超過状態になっています。

 

債務超過とは帳簿上、全ての資産を負債の返済にあてても、負債が残ってしまう状態です。

 

純資産の推移は(全ての資産から全ての負債を差し引き残った資産のこと)

2012年 16009百万$

2015年   7087百万$

2016年  -2204百万$ここから債務超過

2022年  -6003百万$現在も債務超過

 

これだけを見ると倒産間近かと思ってしまいますが、そうとは限りません。理由は倒産は手元資金が底をつき、支払いや返済が滞った際に発生するからです。

 

2022年時点で短期的な支払いが必要な流動負債は3170百万$ほどと、純利益6177百万$の半分程度に抑えられていますし、現金及び現金等価物2583百万$売掛金等で2115百万$保有していることに加え、安定した収益を上げ続けているビジネスモデルを考えるとリスクは少ないように私は感じます。(リスクは確かにあるとも言えます)

なので私は、この債務超過は経営力に対する自信であり、効率の良い経営と最大限の株主還元を行う姿勢の表れだと解釈し、好意的に受け止めています。

 

 

最後に

いかがでしたか? このMCDはSBUX(スターバックス)どちらを採用するか非常に悩んだ銘柄です。考えた結果、成長性より安定性を取りMCDを選びましたが、どうなるでしょうか?

意見や感想、間違いのご指摘ありましたら気軽にコメントください。では

 

 

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村